sifue's blog

プログラマな二児の父の日常

ネットゲームはヤバイ…。

sifue2004-07-04

昨日の夜から今日の朝にかけて生まれて初めてのネットゲーム、特に、MMORPGと言われているゲームを体験しました。タイトルは「メイプルストーリー」。なんとこのゲーム、昨日だけで11時間もプレイしてしまいました…。
このゲーム、開発は韓国の会社がやっていて、非常にポップな絵と、多彩なアバター機能によって自分があやつるキャラクターをアレンジしながら、それぞれ、戦士や魔法使い、盗賊や弓使いという役職に就いて、いろんな仲間と協力し合ってレベルを上げ、広い世界で繰り広げられるクエストをクリアしていくというものです。
正直な感想は、ヤバイ…です。あまりに中毒性が高いです。本当にこんなゲームが自分が中学生の時になくてよかった。昔の家庭用ゲーム機のRPGゲームは少なくとも、目的があり、終わりがありました。しかし、このMMORPGは、目標はあるものの最終的な目的と言うのはセッティングされておらず、あえて言うならば、ネットゲーム上の社会の何か一端を担いつつ、ひたすら自分のレベルを上げる事が目的。
以前誰かが言っていましたが、最終的に「ネットゲーム上の世界を選ぶか、現実世界を選ぶのか」という究極の選択を選ばなくては行けなくなってしまうという感じなのです。自分自身もプレイしてみて、正直そう思いました。ただ、ゲームをやっているときはこの上なく楽しい、単純なアクションの組み合わせで敵を倒し克服して行き、その見返りとして自分のレベルが上がるという確実な自己成長がある。加えて、利害を無視したゲーム上でのふれあいは、現在の社会が失いつつある「ふれあいコミュニケーション」を体験する事ができる…。そりゃ、みなさん仮想現実の方が楽しいに決まっている。2次的欲求を完全に満たしてくれるわけだし…。
そんなこんなで、最高の暇つぶしゲームだとは思いましたが、本当に危険なゲームであるとも思いました。ネット上に、様々な人のネットゲームの廃人日記があるので、いろいろ読んでみるといいかもしれません。ただ、このような廃人の方がいいお客さんである、この業界はある種、非生産的なビジネスに思えてきますね。