sifue's blog

プログラマな二児の父の日常

GENETメンバーの再構成、そして映画を見てお台場へ。

sifue2004-12-13

結局先週の週末はなにをしていたかと言うと、何気に新たな計画を実際に進めていくためにGENETのメンバーの再構成を進めておりました。今までいたメンバーが殆ど卒業を迎えてしまうために、新しく再編成して新たに体制を整えなくてはならなかったのも一つですが、ここでもう一度体制をしっかりして、このプロジェクト取り掛かっていきたかったというのが本心です。今までとは違ったメンバーとも一緒に、本当に面白いことができそうなのでマジで楽しみだったりします。いやー、ワクワクです。ただ、金銭面で新しい方針をとらなくてはならない事が確定しているので、その点に関してまた知恵を出さなくてはいけません。
結局金曜日、土曜日はそのためもろもろを模索していてあっという間に終り、日曜日は久しぶりの休日という事で、ハウルの動く城の映画を見に行ったり、お台場に行ったりしてきました。ハウルの動く城、自分的にはちょっと期待はずれでした。原作が原作だけにアニメにしてもストーリー性の豊かさに少しかける気がしてしまったのは自分だけでしょうか。ただ、ストーリー性はおいておいて、ただのアニメーションとしては非常にレベルの高いものであったと思います。そして、キムタクのハウルの声にはまったく違和感を感じませんでした、しかもかなりナルシーな役を演じるところではいい味を出していたり、キムタク、新境地開拓ですね。あと、その後行ったお台場のビーナスフォートはクリスマス色一色に、青色を貴重としたイルミネーションが暗い室内で映えてとてもきれいでした。うーん、今年もクリスマスがやってくるなぁ。
そしてお台場から帰る途中に、渋谷東急ハンズで新しい座椅子を購入して、ただいま非常に気持ちよく鎮座してこのブログを書いています。新しい座椅子最高です。丸いデザインで、うしろによっかかっても全く後ろに倒れません。ナイスです。
そして週が空けて、本日は、朝から夜までずっとゼミ…、しかも英語。ここに来て英語の能力をもっと鍛えなくてはならないなぁと思った一日でした。とりあえず、英語の文法の本を読み直しております。あと、何気に研究がまた実験が進められない状況に、この12月に引越しとか、好きな実験とかいろいろやってしまおうかな。
まあ、この12月いろいろ準備をする期間にしたいと思っています。そうそう、本も読みました。

  • 日本の真実 大前 研一 (著) ISBN:4093896097
  • グラフィックアーツ グラフィックアーツ編集委員会 (編集), 野中 通敬, 黒川 豊治 ISBN: 4870851636

とまあこの2冊を読みました。大前研一の本は、昔の企業参謀とかの書記の本の方が自分的には好きですねー。政治色の強い本はまだまだあまり読んでいないので、これから読んで知識を広げていかないと。