sifue's blog

プログラマな二児の父の日常

GENETのミーティング、外交について

今日は、午後過ぎからGENETの現在のボードメンバーでのミーティング。メンバーの一人が突然の風邪で倒れてしまったこともあり、4名+聴講者1名でのミーティングを開始。ボードメンバーの一人が、韓国から帰ってきたばかりという事もあり、韓国の学生団体、全韓国創業サークル連合KOSENの話などを聞く事に。
いろいろな話しを聞いてみると、今まで自分が集めていた情報と違う点などもいろいろあったり、KOSEN側の運営にいろいろ問題があったことの詳細を聞いて、改めて慎重な外交を行う事が必要だということを再確認。あと、韓国側の窓口がこれから変わってしまうというハプニングなどが起こってしまったために、これからまた信頼作りから慎重に連絡を取り合うことをしていく必要性が出てきました。今回のイベントは韓国のメンバーとのやりとりがかなりネックになるのではないかと考えています。
特に物事の決定などに関して、双方の担当者同士が仲がいいか親しいかどうかというのはかなり重要なファクターなんだと思います。海外や他団体との様々な渉外を行なっていく際に、どうやって信頼関係をうまく作っていくかが毎回毎回の課題です。ただ、毎回すべき事はまずはこちら側から誠意を示し、信頼をすることにあるのではないかと思っています。やはり、誠実さや礼儀正しさというのは第一印象を与える上で一番の武器でしょう。
ミーティングが終り、韓国に行ってきたメンバーと一緒に渋谷で食事を行い、さらにそこで彼が韓国の国会の書記官と話した事をいろいろ聞いたりして、随分また韓国政府の思惑が見えてきました。このような情報は、日本の情報源からは中々知りうる事ができないのでかなり貴重です。本当にありがとう。