sifue's blog

プログラマな二児の父の日常

中学時代は秀才だったが、後に負け組に

http://guideline.livedoor.biz/archives/50636280.html
自分の場合は、小学、中学ぐらいまでは比較的負け組みで(中学時代の英語の偏差値とか35切ってたし…)、それから成績が伸びてきたって感じだったので、逆の方を読んで気付く点がいくつかありました。
重要なのは「驕り」と「高いプライド」がどの時点で芽生えるかなのかもしれません。なんにせよ、人を磨くのは謙虚な気持ちだけなんじゃないかと思います。謙虚に、無心に集中することが出来る人は、元の能力に関わらず大きな結果を得るような気がしますね。自分の周りを見ていての経験則ですが…(苦笑)

          • -

ちなみに今日は10時間も寝てしまいました(苦笑)完全に夏休みの気分で研究室生活を送っております。そして夜からは昔自分がやった日中韓の国際イベントでの参加者の一人が来日という事で、ウェルカムパーティを関係者でやってきました。やっぱり日中韓の集まりは、日本語、中国語、韓国語、英語が飛び交うので面白いですね。