sifue's blog

プログラマな二児の父の日常

シンガポールから帰国。


ホテルから見た街並み
というわけで、修士論文を終えてお疲れさま旅行から帰ってきました。今回はバカンス旅行だったので、完全に観光と遊びのフリープランで行ってきました。市内観光したり、旧正月のパレードや屋台見たり、海水浴やレジャーを楽しんだり、高級スパに行ったりというまさにリゾートっぽい感じで過ごした旅行でした。

よくあるマーライオン
とにかくシンガポールで過ごしてみて思ったのは、英語がある程度できれば本当に不自由しない国だということです。英語か中国語が生活できる程度にできれば完全に暮らせそうです。チューインガムとポイ捨てさえ絶対しない覚悟があるならば、本当に素晴らしい国だなぁと感じました。

マリーナエリアの高層ビル群
とにかく街並みがきれい、ある意味東京なんかよりずっときれいだし、あらゆる人種に対して人が優しい、英語の発音が悪くても聞き返してくれる。人種も、中国系、インド系、ヨーロピアン、マレー系まで全ての人種がまんべんなくいる感じで、自分たちがカフェで過ごしたりしていてもまったく違和感なく過ごせます。高島屋伊勢丹があるにもかかわらず、むしろ日本人に出会うことが一日に一度あるかないかって感じでした。もし日本が沈没して国外移住しなくてはならないとなると、家族や治安のことを考えればこのシンガポールかなり良い候補かもしれません。ちなみに、調味料、おかし、文房具から生活用品まで、全て日本のものも売っていました(ただ値段は2倍ぐらいでしたが(苦笑))。

旧正月の屋台の様子
食べ物は、中華料理、インド料理、エスニックがメイン(結局こればかり食べちゃったのですが)で、その他洋食や日本料理、韓国料理も食べようと思えば食べれる感じでした。どれもそれなりに食べやすいようにアレンジしてあります。本場中国で食べる中華料理と見た目は一緒なのですが、味が本当に日本人ごのみになっています。インド料理というかカレーも本当に食べやすく、エスニックのものも洋食になれている人にでも食べやすくアレンジされていて本当に美味しかったです。とにかく、どこに行ってもフードコートが充実していて、注文形式はちゃんとメニューを出してくれる注文形式なので、とにかく食べ物で困ると言うことは一度もありませんでした。ちなみに値段はこれだけのクオリティの割にはかなり安くて、外国人向けのお店でなければ一食、300-400円程度でそれもかなり好印象でした。

セントーサ島へのケーブルカーより
移動は殆どがタクシーでした。シンガポール自体が琵琶湖ほどの大きさということもあるのですが、とにかくタクシー代が安い。日本円にして、初乗り150円ぐらいで、20分乗っても1000円行くか行かないかというところです。闇タクシーも大きい観光地に行くといたみたいなのですが、ほとんど気にならないぐらいです。ぼったくりはほぼないといって問題ないそうです。きれいで信用第一の国、それがシンガポールなんだそうです。

セントーサ島のシソロビーチの様子
旅行の最後にパックツアーの人と一緒になったのですが、これだけ治安の良いシンガポールでツアーで行くのはナンセンスだなぁと思いました。中学卒業程度の英語力さえあれば本当にどこでも行けるので、自由に、いろんな島に行ったりスパをして楽しむのがオススメだなぁと思いました。一応、法律が厳しい国なので、警察に捕まった際は英語が分からぬフリです(苦笑)。横断歩道以外の道路横断で罰金というのは、結構びびりました。

名物ピンクイルカ
なんにせよ、ゆっくり過ごしたい、おいしいものを食べたい、きれいな街並みで過ごしたいというのであればこのシンガポールは本当にオススメの外国だと思います。なんか今度カジノもできるらしいです。
 
最後に旅の写真を少し。

ラッフルズアムリタスパという自分たちが行ったスパ

最近できたばっかりの国立博物館

オーチャードロードの夜の街並み
こんな感じの旅行でした。来週からは研究室という現実に戻ります。本当に楽しい旅でした。