読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sifue's blog

プログラマな二児の父の日常

研究室追いコンを終えました。

今週は本当に怒涛の一週間でした。月曜日から水曜日まではパシフィコ横浜での再生医療学会+バイトでヘトヘトに。それから間髪入れず木曜日は、研究室の追い出しコンパでした。
ついに研究室を追い出されてしまいましたね…。これまで2年間本当にお世話になりました。そして、この2年間、教授と助手以外に秘密にしていたことを告白。実はこんなコトがあったなか研究室に通っていたんです、みたいなノリで。
あと久しぶりに花束をもらって、なんだかしんみりしてしまいました。その後カラオケに行くものの、なんだか最初のうちは卒業ソングばっかりでなんだか寂しくなってしまい、自分にしては珍しく最初完全にノリきれませんでした。ただ最後は強引なノリで終了。楽しかったです、特にモー娘が(苦笑。
ただこれで研究室の人全体で会うのも最後なのかなぁと思うと、この2年間いろいろな事が思い出されてしまいます。
とりあえず、この2年間の研究生活の中で自分自身、何か得ようとしていたのですが、まとめると以下のものを得ました。

  • 生物、化学、物理、数学、哲学、心理学、社会学、歴史までを統一する学問的概念の獲得
  • 作業仮説を立てて立証する、などの実践的論理構築法
  • 仲間とする研究生活の楽しさ

こんなところです。自分にとってこの研究室生活は、一日12時間以上という時間の拘束時間があり、非常に大変なものもありましたが、助手さんや同じグループの人たちとの会話の中で非常に多くの経験を積むことができたんじゃないかと思います。特に隣の人にはいろいろ自分自身が勉強させてもらったように思います。ありがとう。
あと、飲みの席でうちの教授からの自分自身の人生についてアドバイスを貰いました。

  • 「その信念で、もっとどんと構えなさい」

うちの教授は、それなりに苦労してきた教授で、学生時代はとんでもないリーダーシップを張ったり、大きな学問領域を2つも立ち上げた大物なのでこの言葉はずっしりきました。自分自身、この言葉を聞いて結構思い当たる節がありました。参考にできればと思っています。
あと、研究室には2回ぐらいしか行かないので、今となると本当に寂しいですね。ただそういう感傷に浸っていられるのも今のうち、これからのことをしっかり見据えていきたいと思っています。