sifue's blog

プログラマな二児の父の日常

社会人になって一週間の大きな学び。

今日が社会人になって初めて休日でした。
この一週間、本当に大きな成長がありました。
そして、早寝早起き、夜食を食べず朝食を食べるとっても健康な生活を送っております。研修は8名のチームで行われるのですが、毎回何か課題が出されるたびにチーム戦が行われます。チーム一丸となって目標を立て共有し、それに全力で頑張っている瞬間は、本当に楽しいです。これはリンクアンドモチベーションの時と同じ感じですね。
さすがにコンサルティングサービスとう業種柄、中々こういうブログに具体的に書ける内容が少ないのですが、これから少しずつでもこの一週間学んだことやこれから学ぶことを書いていければと思います。
まずこの社会人になってもっとも心に響いたことは、うちの常務の格言です。

  • 考えるのはタダ。
  • 目標は意思である。

この格言は本当に重要だなと思いました。
まず最初の「考えるのはタダ」ですが、常に考え続け、知力で勝負しなくてはならないという意志が込められています。体力や意思での勝負では、結局人件費の安い国の人たちに人数で負けてしまいます。自分ひとりの給与で200名を雇える国もあるわけで、体力で勝負せず、知力での勝負に徹底する必要性があるのだなと感じました。
次の「目標は意思である」ですが、これは意思をしっかり目標にしてあらわさなくてはならないということですね。逆に言えば、目標がないのは、意思がないのと同じということでもあります。しかも実は社内でさらに具体的に、数値目標でなくてはならないこと、そして、世界一を狙うような飛びぬけ目標でないといけないことがいわれています。時間を半分にするだけならば、寝なければ達成できてしまいます。斬新なアイディアで、例えば時間を4分の1以下にするようなことをして、体力ではなく知力で世界一を目指せという意志がここにもこめられているというわけです。まさに革新的アイディアで飛び抜けるための飛び抜け目標ですね。
今までかなり堅実な考え方に沿って理論を組み立てていく方法は自分なりに身につけていたつもりですが、自分をどんどん成長させ新しい次元にのし上がっていく方法は、自分では見つけることができませんでした。この会社で、今までとは全く異なる次元のすごい成長ができるのではないかと期待しています。
まあそれはともかく、金曜日の夜はチーム戦の後ということもあって先輩方と一緒に終電まで飲んで、今日は横浜で買い物、映画のホリデーを見てきました。かなりいい映画でした。結構女性向けですが、なあなあの恋愛はうまくいかず、惚れ合う関係よりも信頼関係が重要ってなことが伝わる作品な気がします。
平日を全力で働いている分、休日も生き生きと過ごせる気がします。まだまだ研修ですが、これからもどんどん会社での課題を楽しんでいければと思ってます。