sifue's blog

プログラマな二児の父の日常

Mac OSX Leopardをインストールしました。

大学院2年の時からずっと待っていたLeopard(レパード)がついに出ました!そんでもって早速インストールしちゃいました。
アップルの直販で予約したので、今日しっかり届き。念のために外付けのHDDに中身をまるまるバックアップしてからのインストールを行いました。
ちなみにスペックは、

iBook G4 1.33GHz
メモリ 1GB DDR SDRAM
HDD 80GB (換装済み-空きは15GBほど)

です。
 
インストール自体は一時間半ぐらいで終了。当初、重くなるかなぁと心配していたのですが、まったくそんなことはなく、Spotlightの索引を作り終えた後はさくさく動いています。
まず、一番最初に感動したのはSpacesです。本当に便利。

自分はホットコーナーで、左上がExpose(全てのウインドウ)、右上Expose(デスクトップ)、左下Dashbord、右下Spacesという感じで使っているのですが、やはり作業を仮想デスクトップで分けられるのは本当に便利です。何気によいなと思うのは、command + Tabでも別の仮想デスクトップへ飛べる事、Dockでアプリケーションを選択してもその仮想デスクトップに飛びます。今後は手放せない機能になりそうです。
 
次に、Stacksですね。

今まで、デスクトップ上によく使うショートカットを置いていましたが、Stacksで無事解決です。しかもポンっと出てくるアニメーションがとってもおしゃれ。このために、ついにDockを下派にして、拡大も半分までにすることにしました。入っている物のアイコンが重ねて表示されるので、直感的に操作することができそうです。今後フォルダのアイコンとかも変えてどんどんカスタマイズしていこうと思います。
 
何気に辞書も、日本語やWikipedia辞書が入り大幅に強化。特にWikipediaは非常に役に立つツールになりそうです。

 
最後に、機能が拡張されたAutomatorです。めちゃくちゃ機能が増えてます。CVSSQLなどシステム開発系に役立ちそうなコマンドがたくさん。さらに、自分でマクロを記録できるようになったので単純作業などはずいぶん軽減されるのではないでしょうか。

 
まだまだ、全ての機能を触りきっていませんが、これから少しずついじっていこうと思います。自分がやっているシステム開発GUIとかに参考になりそうなアイディアもたくさんあるので、勉強になりそうですね。
ただ、Intel Mac系のアップグレードインストールは、トラブルが起こっているみたいです。ソフトによっては動かないフリーソフトなどもちらほら、まあ少しずつ対応を待ちたいところです。
あと、Safari3が驚くほど速くなってます。好きなサイトを画面を切り取ってWidgetにする機能も面白いです。あとPreviewとかも使い勝手がよくなってました。