読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sifue's blog

プログラマな二児の父の日常

激動の年だった2009年ももう暮れる

この2009年は本当に大変な事があった一年でした。まず一番の変化は勤めている会社が民事再生に至り、無事再生計画に入ったことでした。
やはり会社にこういう事があると多くの人が会社を離れていきます。社会人になってはじめてできた上司、はじめてできた先輩、そして多くの同期、チームメンバー。
転職しやすいSE、ITコンサルという職種のせいもあるのですが、部署も同期も大体5割から6割減。そんなこんなで驚くほど裁量や責任も大きくなり、ずいぶんと責任ある仕事をやらせてもらえるようになりました。
内容もいままではアプリケーションやフレームワークよりだったのですが、一気にDBや構築、保守側へ。そこそこORACLEとインフラに詳しくなってきました。そして来年からじわじわと要求仕様側へも手を出していくことになりそうです。
キャリア的な面で考えれば、本当にいい経験をさせてもらっています。だんだんお客様よりになっていくこともあるので、応用情報処理技術者よりも上の資格もそろそろ取りはじめようかなと思ったり。
会社の経営者も変わり体制も来年から随分かわってきそうです。あと、会社にこんな事があるにも関わらず残ってくれている人を見ると、真面目が取り柄と言う人が多い気がします。
これには良いところも悪いところもありますが、何はともあれ最後は気持ちの問題なのかなと思わされました。
心が折れた人、ずっと一人の人はやっぱりいなくなってしまったなと感じます。あと、求心力のある人の離脱に引きずられる人も少なくなかったように思います。
いなくなる人は結構、論理的で合理的な理由をあげて辞めていくのですが、最後は、そういう考えに至りやすい傾向のある人や、先ほどの気持ちにあたえる影響の大きさと言う軸でみるとまあ妥当かなと感じました。
それを踏まえた上で、今ある目の前の仕事に集中するためには心のマネージメントが本当に重要なのだなと思わされた一年でもありました。


私生活で言うと、10年以上ぶりに家族旅行に行ったことがニュースでしょうか。家族旅行以外にも今年は自分側、奥さんの家族とのイベントが多かった。親戚付き合いが楽しいと感じられるのは本当にありがたいことです。
来年もこういうイベントをたくさんやって行きたいところ。会社が大変な時期にこういうイベントをやって気が紛れるのは、心の健康のためにも本当によい事だなと思います。
あと、今年は沢山ゲームをやった一年でした。メタルギアシリーズコンプリートしちゃったり、FF13やったり。
なんだかんだで、テレビ買った影響が大きかったような気がします。あとPSPPS3も買ったな…。
まあ何はともあれ、ゲームはお金がかからなくてそれが本当によい点でもあります。来年も奥さんといろんなゲームをやって行きたいところ。


ただいま、奥さんの実家でiPhoneを使ってブログを更新中。今年の年末年始、あとはゆっくりリフレッシュして、来年からは心機一転、仕事を頑張っていければと思います。