sifue's blog

プログラマな二児の父の日常

非線形で作られる生物的パターン

今日は、11時ごろから研究室に。昨日の夜、知り合いのブログでとある動画を見つけて、これがちょうど反応拡散方程式で作る非線形からなるパターンのようだったので、うちの研究グループのメーリングリストに送信してしまいました。
こんな気持ちのちょっと悪くなるような動画です。
http://movie-files-02.sakura.ne.jp/corn.wmv
うちの助手さん曰く、これはちゃんとそういう非線形性質の作るパターンらしく、よくよくこの動画を調べてみると、この作成者、Natureで論文持ってることが発覚!こういうパターンでもアラン・チューリングの生体における形態形成の波の理論と同じようなものなんだそうです。ちなみにこの論文(Physical Review Letter)は、
http://scitation.aip.org/getabs/servlet/GetabsServlet?prog=normal&id=PRLTAO000092000018184501000001&idtype=cvips&gifs=yes
で、プロトコルも詳細に載っていたので、今度やってみようかなって思っています。
その後、助手さんに、言うと非線形モデルでできる生体の形態形成の本をいろいろ見せてもらいました。