sifue's blog

プログラマな二児の父の日常

Mac OSXのEclipseにJavaのソース付きのJDKを設定する方法

MacJDKをインストール新たにインストールしたり、今回みたいにFlashback対策のようなセキュリティアップデートがされた際に、JDKを再インストールするわけですが、いつものソース付きJDKインストール、設定の仕方を忘れるのでまとめました。

1. MacのアップデートでJavaのバージョンアップが走ったことを確認する

2. Apple Developerのダウンロードで最新のJava for Mac OS X 2012-01 Developer Packageをダウンロードする

3. EclipseJREデフォルトのものから変更する

/System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home

のものが登録されているが、新しいJREを以下のホームのものを登録する

/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0_31-b04-413.jdk/Contents/Home

デフォルトのものは、勝手に読み込まれる事もあるので除去しても良い。

4. Javaプロジェクト内でStringなどの型を参照して、ソースを添付する

/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0_31-b04-413.jdk/Contents/Home/src.jar

これがJavaソースコードになっているので添付する。
以上



これでJavaのソースのコードが実際に読めるようになり、Java自体のパフォーマンスを観たり、Javadocを実装を観ながら確認したりできます。幸せ。